ローン会社の金利を比較する方法

せっかく借り換えをするなら、借り換え先は慎重に選びたいものです。
しかし、何を基準に選んだらいいのでしょうか。
「やっぱり銀行や大手の金融機関なら安心」、「それとも、とにかく金利が低いところがいい」、「そもそも金利についてよくわからない」こんな疑問がある方も多いと思います。
そんな方のために、選んではいけないカードローンの借り換え先の条件に付いて検証していきます。
 ローン会社の金利を比較する方法
金利が高すぎる、または低すぎるカードローンは選ばないほうがいいです。
当たり前ですが、金利が異様に高いところは要注意です。
金利を利息制限法に沿って設定しているところを選んでください。
利息制限法で、元金10万円未満の場合→上限金利20%、元金10万円以上100万円未満の場合→上限金利18%、元金100万円以上の場合→上限金利15%と定められています。
逆に、低すぎる金利をうたっているところも要注意です。
例えば、名前も聞いたことのない業者なのに、銀行並み(もしくはそれ以下)の低金利をうたっていたりするところは危ないです。
小さい業者が銀行と同じような金利を提供できることはありません。
詐欺まがいの業者の可能性もありますので、くれぐれも騙されないでください。
また、通常金利は「○.○%~○.○%」のように表示されているところが多いのですが、実際に借り換える場合、どの金利を適用するかは、借りる人の信用度で決まる場合があります。
ただ、銀行は借入額によって金利(幅)が決まってしまうところが多いです。
借りる人の信用度に関わらず、借入額が大きいほど金利が安くなります。
次に、返済期間が長いところ、これも選ばない方がいい借り換え先です。
返済期間が長くなってしまうと、利息を含めた総支払額が借り換えをする前と変わらなかったり、もしくは逆に多くなってしまう場合があります。
これは、支払期間が長くなると、毎月の返済額が少なくなるかわりに、金利分の支払いが増えてしまうからです。
借り換えを検討する際は、借入総額と金利を基に、毎月の返済額を返済期間、返済総額、利息総額等を計算し、よく確認してください。
好ましい借り換え先の条件は、金利が低いところです。
金利の低さでいえば、銀行系のカードローンが低い金利を設定している場合が多いです。
さらに銀行は、総量規制の対象外ですので、収入に応じた借入額の規制がありません。
借り換えにおすすめです。
また、借り換えやおまとめのプランを積極的に打ち出し、宣伝しているところは、当然借り換えに積極的で、顧客を増やしたいということです。
こういうところは貸し渋りをしませんので、他の消極的なところと比べると、審査ハードルが低かったり、窓口への来店不要、即日申し込みが可能であったりと利用者にとってメリットがあるところが多いです。

専業主婦専用キャッシング
専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
URL:http://www.absalompress.com/

カードローン会社の金利が知りたい方におすすめのサイトです。
安い金利でカードローンを組む秘訣を知ることができるので総返済額を抑えたい方必見です。