カードローンの金利を下げることはできるか

カードローンの契約を結ぶ時には、あらかじめ約定金利、限度額はいくらか、返済期日はいつか、どのような支払方法かなどを定めます。これは、契約書に載せられます。銀行や消費者金融の違いによって変わることはありません。このうち、金利は下げることができるのかというと、基本的にできません。ただし、場合によっては向こうから下げてくれることがあります。長期にわたって利用してくれる顧客は、重要な存在であるため、これからも使ってもらえるようにするためです。これは例外であり、いつそのようになるかも予測できません。したがって、できれば負担にならないようにするためには、あらかじめ低い金利の業者を選んで借入の申し込みをするようにした方が賢いです。
利率は、借入金額が低い場合はあまり負担を感じることはないです。しかし、債務が大きくなると、結構な負担となります。例えば、18パーセントの利率で30万円を借りると、利息だけで月に3000円を超えてきます。これだけあれば、何日か生活をすることができます。そのため、できるだけ負担を少なくするためにも、利率が低い業者を選ぶのが得策です。
いくらの利率かについては、ホームページやパンフレットなどで掲示しています。そのため、その数字を見比べて選ぶと、低いところを選ぶことができます。ただし、一般的な傾向として、利率が低いところは審査が厳しいです。そのため、通るとは限らない点には注意を要します。