カードローンの金利引き下げの交渉について

消費者金融のカードローンの金利はとても高く設定されています。そのため、キャッシングを利用しすぎると返済ができなくなってしまうことがあります。そういった時に、業者と交渉して金利を引き下げてもらったり、毎月の支払額を少なくしてもらうのが債務整理です。これは、私的整理と呼ばれるもので、法律によって何か定められているわけではなく、当事者の合意によって内容を定めます。ただし、応じるかどうかは業者次第ですし、基本的に個人で交渉しても応じてはくれません。弁護士を利用するのが一般的です。業者も、そう簡単に応じていては経営が成り立たなくなるためです。それでも弁護士が間に入れば、債務者が支払いの余力がないことが分かりますし、自己破産をされて回収ができなくなるよりは、少しでも返済をしてもらった方が助かります。そのため、応じることがあるのです。
このような事態になることは、本来あってはならないことです。借りたお金は返すのが本筋ですし、そのような契約になっているからです。したがって、簡単に審査に通って手軽に借りることができるからといって、安易にキャッシングをしないようにしましょう。借金は、計画的に利用すれば生活を豊かにしてくれますが、無計画な利用は負担になります。
おすすめは、カードを普段財布に入れて持ち歩かないようにすることです。財布にあれば、あと何円くらいなら借りても大丈夫だろうという心理が働いてしまうため、気づいたら限度額すべてを使っていたという事態になってしまうからです。